株式公開を行う際の注意

会社の経営にとって、株式公開は大きなステップになります。非公開会社が証券市場に乗り出すことによって、社会から広く資本を集めることができるとともに知名度も大きくアップすることになるからです。
株式公開には、社内管理体制の整備状況や事業内容などにもよりますが、一般的には株式公開までの準備期間として2〜3年は必要となるとも言われています。また、株式公開は監査法人及び主幹事証券会社との協同なくして成し遂げられない一大プロジェクトとなりますので、適切なアドバイスが得られる監査法人などをパートナーとして選ぶことが重要になります。
というのは、株式公開に際しては、証券取引所またはJASDAQの規則により、財務諸表について監査法人などの監査証明が必要となります。監査法人は財務処方の監査のみならず、株式公開に不可欠な内部管理体制の整備・充実や投資家に対する適切なディスクロージャー体制の構築などについて助言・勧告などによって公開準備を支援してくれますので、それらを有益なものにするために、豊富な公開実績を融資、充実した支援サービスが得られるパートナーを選ぶことが重要になります。

<経営のご相談はGICPまでどうぞ>

 

 

Trackbacks

Leave a Comment