何がウリなのかを明確にすることが経営には重要です。

 家人が動物病院を開業をしました。

 そのときの経験から、思うところは、何がその動物病院のウリなのか、を明らかにすることが重要ということです。

 動物病院は今、特に都市部においては飽和状態になってきているといえます。そのようななか、新規開業をするときに、漠然と、犬、猫を診療します、では人が集まらない、ということです。

 たとえば、都市部で病院を行う場合には、多くの人が休業する日曜や祝日に営業をする、とか、出勤前に診療を受けられるように、朝比較的早い時間から診療をする、とか、顧客に関しては24時間対応をする、とか、といったことをしないと、そう簡単に顧客がつかない、ということです。

 このような営業日や営業時間だけの差別化ではなく、診療においても、それが必要です。

 エキゾチックアニマルの診療ができる、とか、鳥の診療ができる、といった病院はまだまだ限られており、それを前面に出したり、犬をきらう傾向が強い猫ですので、猫に特化した病院にする、ということもあり得ます。

 自分のところは何をウリにするのか、ということを明確にし、他との差別化を図ることは、飽和状態にあるといえる動物病院において、重要なことと考えます。