会社の経営計画を練るための基本

会社の経営計画を練る際には、会社の真の姿を分析する「企業分析」と、会社が置かれている立場を分析する「環境分析」が最初の一歩となります。
企業分析では、これまでの会社の成長過程を振り返って会社の強みと弱みを把握していきます。成長の原動力を探ることが第一のステップになり、続いては経営資源別に強みと弱みを抽出していく必要があります。例えばヒトの分野であれば経営者のマネジメントスタイルや、営業担当者の能力などがあり、モノであれば商品のシェア、競合品との優劣などを見ていく必要があります。様々な分析を列挙していき、各項目についてクリアすべき課題点を見出していくのです。
また、近年のように経営環境が目まぐるしい速度で変化する中では、環境の変化に先乗りすることが成長の原動力になります。会社を取り巻く外部要因を分析することになるのが環境分析で、国の規制の状況や為替レートの変化、原材料の値動きなどを分析する「一般環境分析」と、同業他社の営業重点エリアや新商品開発動向などについて分析する「競合環境分析」とがあります。

<経営のご相談はこちらまで>

 

Trackbacks

Leave a Comment